劇団エンゼルとは

私たち劇団エンゼルは、1965年に創立して以来、
児童・青少年演劇の公演活動を使命としている専門集団です。
今日、子供たちを取り巻く文化状況は、コンピュータがはじき出した膨大な情報が飛び交う中で育ち、
他人に負けじと知識だけを詰め込む焦りと戦っています。
他人の事を思いやるゆとりを奪われ、自分らしく生きるすべも失っています。
賢者だけが、勝者として生き残れる!
取り残された弱者の子供たちは、心を病み、自主性を失い、天真爛漫な瞳の輝きすら失いつつあります。
私たちは、警鐘を鳴らし続けてきました。強靭な心臓が心ではありません!
心は弱くて、ふわふわしてあたたかで、優しく脈打つものです!
今、子どもが求めているのは、心の栄養と精神の休息ではないでしょうか?
子供たちを育てる社会...大人たちが...心創りをしない限り...心無い人間たちが増えていく!
「私たちは今、怒ることしか出来ない!」
少女からきた1通のこの手紙が、私たちに突きつけたものは?
私たちはこれからも、それに応える創造活動を、永遠に追い求め続けます。

 

創造姿勢

 
 
エンゼルのポリシーは創造姿勢と作品の質です。
 私たちは、児童演劇の質の高さを求め、創造活動を続けてきました。
 時代を先取りして、未踏の俊英者を求め、ジャンルを超えて(映画・アングラ・歌舞伎界から)
作・演出・作曲・美術・衣装・振付けなど、作品ごとにプロジェクトを組み、
馴れ合いで作品を創る事を避け、新鮮な気持ちで創造活動に打ち込んできた事は、創造団体として自負しております。
 子どもたちが、それぞれの立場に立って自分の考えをはっきり言える人間に成長してほしいと願って、
これからも人間の存在に挑む芝居づくりを続けていく所存です。

劇団概要

名称/有限会社 劇団エンゼル (夢 製造業)
名称の由来/エンゼルとは男女の性を問わず、中立正義を保ち、
子どもたちに「夢」を届ける天使(使いの者)でありたい、と命名。
所在地/東京都八王子市中野上町1丁目21番5号
主な事業及び公演先/児童・青少年演劇の制作・企画・公演活動
          文化庁助成公演/東京都助成公演/各県市町村教育委員会/
          公共文化施設の自主事業/幼稚園/保育園/小学校/中学校演劇鑑賞教室/
          全国親子劇場/NPOセンター/(社)日本児童演劇協会
構成/代表取締役:松本和久 他役員3名
   制作・文芸演出部・演技部・バンド演奏部
団友/鵜山仁:新国立劇場芸術監督
   深草アキ:秦琴演奏者
   柳泰子:ホテル経営者
   塩澤迪夫:八王子市社会教育委員会

Copyright (c) gekidan-angel . All Rights Reserved.